消滅時効の援用方法で失敗しない手続き方法をわかりやすく解説しています。

 
突然、昔の借金の督促状が届き驚いていませんか?

借金を放置しただけでは時効は完成しません。

借金の催促を止めて支払い義務を無くすには消滅時効の援用を行うことが必要です。

 
就職してまもなく多重債務に陥り生活苦と浪費のために消費者金融から借り入れしたが、まもなく支払いをしきれず滞納と返済を繰り返したが支払いが滞り未払いのまま返済ストップ。
消費者金融から借金をしていた頃は実家だったが転職と転居を繰り返し住所変更の届けも出さなかったため請求書が送られてこなくなった。

 
それなのに住民票を移したら突然督促状が届いて驚いたりしていませんか。

 
5年以上前の借金なのにサービサーからご相談したいとの内容で支払い督促が届いたので消滅時効の援用をしたいあなた、失敗しない方法で確実に昔の借金をゼロにしたいですよね。

借金の督促を消滅時効の援用で解決したいと悩んでいる場合、時効援用出来る条件に当てはまっていたとしても自分の考えだけで行動するのは危険かもしれません。

 
当サイトでは失敗しない消滅時効の援用方法についてこれから詳しく説明していきますね。
 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口
消滅時効の援用
無料でお問合わせ
ジャパンネット法務事務所で時効援用
アヴァンス行政書士法人 ジャパンネット法務事務所で時効援用

消滅時効の援用とは

消滅時効の援用とは消滅時効の制度を利用する意思を相手に伝えることです。

簡単に言えば借金を踏み倒すために「もう時効なので払いませんよ」と相手に主張することをいうんですね。

 
ただし借金を時効にするためには時効期間が経過しただけでは自動的に相手の権利(債権)が消えるわけではありません。

時効期間が過ぎた後でも請求することは可能ですし、さらには裁判や支払い督促という事態になってしまうことも起こりえます。

しかしその際には時効を援用することで債権は消滅するんですね。

ですので時効期間が経過したら消滅時効の援用を行いきちんと時効を成立させるようにしましょう。

 
時効援用の方法は口頭でも出来ますが法的に日付が証明できる内容証明郵便で消滅時効援用通知書を送付するのが確実で一般的ですね。

ただし消滅時効の援用を行う際は最初に条件を満たしているか確認する必要があるんです。

まずは時効の期間を迎えているかについて確認してみましょう。

 

昔の借金は5年で時効です!

時効期間は経過していますか?

 
未払いだった借金の支払い督促が届いた!

5年10年15年20年とずいぶん昔に踏み倒してしまった借金が忘れた頃に届いて驚いたのではないでしょうか?

未払いのまま無かったことにしていた借金は支払わなければならないのか

それとも消滅時効なのでもう払わなくてもよいのか。

 
消費者金融の借入、クレジットカードやローン等の商事債権は5年で時効です。

最終支払日の翌日から5年経過しているか正確に確認しましょう。

時効の進行が止まってしまうことがあります

時効の進行が止まってしまう【中断事由】に該当していませんか?

 
時効が中断する事由には「貸し主からの請求」、「差押え、仮差押え、仮処分」、「承認」の3つがあります。

 
「貸し主からの請求」とはどんな請求でも良いわけでなく『裁判上の請求』でなくてはなりません。

債権者から「貸金返還請求訴訟」と呼ばれる訴訟手続きを起こされ「特別送達」という通知が裁判所から来た場合(債務者の住所不明の場合は公示送達)、または債権者から「支払督促」を申し立てられ2週間以内に異議申し立てをしなかった場合です。

郵便による督促だけでは時効は中断せず、その後6ヶ月以内に裁判を起こされた時に時効が中断します。

 
「差押え、仮差押え、仮処分」とは給料や預貯金を差し押さえられること、または債務者が自由に財産処分できなくなる仮差押えや仮処分で、認められた場合には時効が中断します。

 
「承認」とは債務を認める行為のことで電話など口頭でも債権者に支払いを約束した場合、支払期間を延ばしてほしいと言った場合、借金の一部を支払った場合、過払金があり借金と相殺したりした場合などで、いずれの場合の時効が中断しますので十分注意が必要です。

時効の援用を行えば請求が止まります

消滅時効の援用を行いたいと思うきっかけはいろいろあることでしょう。

いずれにしても昔の借金は消滅時効の援用で請求が止まり解決することができます!

借金を支払いたくないのであれば消滅時効の援用で対処するのが良いでしょう。

 
私も以前は多重債務に陥り、生活苦と返済不能で悩んだ時期がありました。

毎日激しい口調で督促の電話があり挙句の果てには職場にまでかかってきて
肩身の狭い思いに堪えきれず転職しなければならない状況に。。。

こんな私の失敗体験から消滅時効の援用方法と流れについて説明していますので
借金の解決方法のひとつである消滅時効の援用を行ううえで参考にしてみてくださいね。

 

消滅時効の援用を【自分でやる!】

消滅時効援用の方法は借金の貸主に消滅時効援用通知書を配達証明付内容証明郵便で送付するという方法が一般的です。

時効の援用は口頭で行うことももちろん出来ますが、言った言わないとか、当時の担当者がいないからわからないなどと言われることもあり、後々トラブルになる可能性大きいのでお勧めしません。

日付が証明できる内容証明郵便が確実なのでオススメです。

内容証明郵便による消滅時効の援用

まずは消滅時効に該当しているか、条件を満たしているか確認します。
条件に当てはまる場合には消滅時効援用通知書を作成し内容証明郵便で送達します。

 
同一の文書を3部作成(相手方に発送、郵便局保管、差出人控え)してください。
封筒は定形内の封筒を自由に使用することができます。

 
注意点は、住所と氏名の記載は内容証明の文中に記載している差出人・受取人と同一の内容、同一の記載で無ければならないので気をつけてください。

内容証明郵便の書式

書式の詳細は以下のようになります。

 
〈用紙〉
A4ないしB4サイズのコピー用紙を使用(専用用紙でなくて可)
「縦書き」の場合、1行20字以内×1枚26行以内
「横書き」の場合、1行20字以内×1枚26行以内
1行13字以内×1枚40行以内
1行26字以内×1枚20行以内

 
〈使用できる文字〉
ひらがな、カタカナ、漢字、数字、および一般的な記号、句読点
英字は固有名詞(人名・地名・会社名・商品名、など)のみ使用可能
「」や( )などのかっこに関しては、1組で1文字として数える
〇や□で囲んだ文字や数字は、2文字として数える

 
〈本文〉原則自由に書いて可。
主張や要求が相手方に明確に伝わるように書く。

 
〈注意点〉差出人と受取人の住所氏名の記載必須
記載する内容は封筒の記載と同一でなくてはならない

信用情報の異動情報について追記しましょう

信用情報の異動情報を削除してもらうことも追加で記述しましょう。
そうすると後で異動情報が消えた消えていないと再度連絡したり交渉したりする手間が減りますのでオススメです。

以上をまとめた文例を以下に紹介します。

時効援用通知書の文例

ここではひな形の一例を紹介しますね。

 


消滅時効援用通知書
平成29年○月×日
被通知人
東京都◎◎区◎◎0-0-0 ◎◎ビル◎◎◎号室
株式会社◎◎クレジット 代表取締役 ◎◎◎◎殿
通知人
東京都○○区○○0-0-0
○○○○ 押印
電話番号0X0-X00X-0XX0

前略 貴社は私に○○対して以下に記載する契約番号0000-0000の貸金返済請求をしておられますが、私が貴社より借り入れた当該債務は、最終弁済日の翌日となる平成23年0月0日からすでに5年以上が経過しているため時効が完成しております。

契約番号:0000-0000
借入額:000万円
借入人氏名:○○○○(ふりがな)
生年月日:昭和○○年○月○日
住所:東京都○○区○○0-0-0

つきましては私は貴社に対し、本通知書をもって上記貸金債権について消滅時効を援用しますので今後一切の請求を行わないようお願いします。

なお万が一貴社において時効中断の処置を講じているとの主張をされる場合は、証拠資料を添えて書面にてご回答ください。

併せて本通知書を受領後は、速やかに信用情報機関に対して適切な通知を行い、登録されている事故情報の抹消などを行って頂きますようお願い致します。

草々


 
消滅時効の援用を自分でやる方法は費用が格段に安くて済みます。

次の項目で費用に関して一覧にしましたので見てみてください。

内容証明郵便の費用

内容証明郵便の費用は以下になります。

郵便局に行って窓口から出す場合と最近は電子内容証明郵便サービスというものを利用して出す場合がありますので分けて説明します。

 
〈1:郵便窓口から出す場合〉

通常郵便物の料金(25グラムまで):82円
内容証明料金:430円
一般書留料金:430円
配達証明料金:310円
内容証明料(用紙2枚目以降+1枚ごとに):+260円
合計(用紙1枚の場合):1,252円

 
〈2:電子内容証明郵便サービスを利用する場合〉
インターネットを利用し、24時間いつでも内容証明郵便を差し出せるサービスです。

郵便料金:82円
電子郵便料金:15円
内容証明料金:375円
送付料金:298円
一般書留料金:430円
配達証明料金:310円
内容証明料(用紙2枚目以降+1枚ごとに):+353円
合計(用紙1枚の場合):1,510円

こちらは受取人宛の正本だけでなく差出人宛の謄本も自動で印刷→封入→封緘→郵送されますし、封筒を用意する必要も差出人の印章も不要なので便利です。

 
消滅時効の援用はこのように内容証明郵便を送るだけなので難しくはないのですが、万が一時効期間が経過していないうちに援用すると失敗してしまうリスクもあるので十分注意が必要です。

どうしても失敗したくない人は手続きを全て代行してもらう、専門家に任せる方法もありますので併せてご紹介しておきますね。

 

消滅時効の援用方法を【代行に任せる!】

自分が本当に時効になっているか不安だったり実際の手続きに自信がない人は専門家である弁護士や司法書士に消滅時効援用の代行を依頼する方法もありますよ。

 
請求書や契約書等の書類から時効になる条件を満たしているかどうかチェックしてくれて
問題なければ消滅時効援用通知書を作成し内容証明郵便の送付まで全てお任せでお願いできます。

 
費用は概ね1件あたり30,000円~です。

無料相談を受け付けてくれるところが多いのでまずは相談してみるのもありですね。

万が一時効援用が出来ない場合の対処法もあるので、不安な人は無料相談をしてみても良いかもしれませんね。

 
では代行はどのように調べれば良いのか、次の項目でお伝えします。

消滅時効援用の相談場所の探し方


最近はスマホなどでも簡単に検索することができますよね。

「消滅時効の援用 相談」などでググればすぐに見つかります。

最近は無料相談窓口を設けている弁護士事務所、司法書士事務所が大変多くなっていますね。

代行に依頼する流れ

代行にお願いすると以下のような流れで進んでいきます。

 

  • まずは気軽に無料相談をする[自分]

  • 準備するモノ(貸主からの請求書、契約書、領収書・最終支払い明細・銀行の通帳など)を用意して送付[自分]

  • 資料から判断して見積もり作成[代行側]

  • 見積り確認[自分]

  • 入金(前金)の確認[代行側]

  • 時効援用通知書作成[代行側]

  • 内容証明郵便の発送[代行側]

  • 一定週間経過語、業務完了報告[代行側]

 
時効が完成したかどうかは貸主から一定期間なにも連絡がないことをもって確認します。

そのため内容証明に「異議がある場合は本書面到着後何日以内に連絡してください」と書きます。

万が一時効が完成していない場合には連絡が来ますが、その場合の対応も代行側でしてくれるので安心ですね。

代行に依頼する場合でも信用情報機関に対して事故情報の抹消依頼を追記してもらうようにお願いしましょう。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口
消滅時効の援用
無料でお問合わせ
ジャパンネット法務事務所で時効援用
アヴァンス行政書士法人 ジャパンネット法務事務所で時効援用

まとめ

今回は私が実際に行った消滅時効の援用方法についてご紹介しました。

最初は自分でやろうと資料を揃えたりしたのですが、いざやる段になると失敗が頭をよぎってしまい決心が付かなかったところ、とても良い司法書士さんにに巡り会えたので終始安心して解決することができました。

おそらく皆さんも同じ不安をお持ちなのではないかと思いますが、一歩踏み出せば安心した暮らしはすぐそこにあると思いますよ。

一日も早く時効援用が成功して督促のない平穏な生活に戻れることを祈っています!